借りたお金を返せないかもしれないと思った時

借りる前にしっかりとしたシミュレーションを

お金借りる時には返済シミュレーションをしっかりしておくことが不可欠です。しかし、時間とともに状況は変わっていくのも当然のことなので、当初の計画通りにいかなくなってしまうこともあるでしょう。どうにもやりくりがつかず、もしかしたら今月の返済はできないかもしれない、などということがあるかもしれません。

返済できないかもと思ったらを

期日までに返済できないかもと思ったら、そのままにしておくよりも連絡した方が、あとで困りません。実際に返済できなかった場合でも、少しでも早くローン会社に連絡を取りましょう。

そうすることでローン会社側も翌月にまとめて支払えるように変更してくれたり、利息分だけでも良いとしてくれたりと、寛大な対応をしてくれるものだからです。

返済せずに連絡しないとどうなるかを

もしも返済しないまま連絡もせずにいると、催促の書面や電話がくるのが普通です。そして、それらをも無視していると、遅延損害金が発生する他、個人信用情報にも記載が残ってしまいます。

たとえ1日であっても遅延は遅延となり、信用を失ってしまうことになりかねません。その結果、その後に住宅ローンを組もうと思っても審査に通らなかったり、クレジットカードが作れなかったりといったことにつながることもあるのです。

やはり、どんな状況に陥ろうとも借りたお金は返すのが当たり前です。何かあったら速やかに連絡を取ることを忘れないようにしましょう。