自分がブラックか知る方法

ブラックとは?

よくブラックリストに載るなどと言うことがありますが、そのようなリストが実際に存在するわけではありません。これは、個人信用情報に返済の遅延や債務整理、強制解約といった良くない情報が記録されてしまうことです。

このような情報は一定期間記録されるので、その間にローンを組もうと思っても審査で信用情報を照会されて落とされる理由になってしまいます。

信用情報とは?

信用情報は前述のような情報が記録されるわけですが、これを扱っているいくつかの業者がいます。日本信用情報機構(JICC)やクレジットインフォメーションセンター(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA)というところが主な業者です。

過去に返済を遅延したなどという人が新たにローンを組みたいという場合、信用情報に良くないことが記載されていないか確認しておくと良いでしょう。信用情報は自分で確認することができるのです。

消費者金融やクレジットカード会社を利用したならJICC、信販会社やクレジットカード会社ならCIC、銀行系であればJBAが信用情報を記録しています。該当の業者のホームページにアクセスすると情報開示というボタンがあるので、そこをクリックしてみましょう。だいたい千円で自分の情報を確認できます。

ブラックならどうする?

もしも情報開示をして良くない情報が残っていた場合、残念ですがその記録が抹消されるまで審査に受かるのは厳しいと覚悟した方が良いでしょう。